ママちゃんの自由帳

リハビリ専門医と言語聴覚士がより楽しい人生を送るために考えていることを綴ります

【アルコール除菌】ドーバー パストリーゼが定価で販売されていた店情報

*2020年5月追記あり*

 

こんにちは、リハママです。

花粉症の症状が本格的になってきました。

今年はコロナ騒動があってタイミング的にも辛いですね。

 

花粉症シーズン到来、マスク不足を憂う

マスク不足、花粉の季節までにはおさまってほしいと思っていたけれど、

www.rehamom.com

 

間に合わなかったなぁー。

マスクは相変わらず買えないし、コロナ騒動もおさまりそうにないですね。。

この記事に書いた通り、いよいよとなったらシンプルな布で外出用のマスクを作るしかないか、とは思っていますが、、

その前にマスク不足解消されないかなー。。

 

花粉症患者は見た。ドラッグストアの行列 

さて。

先日、花粉症の薬を求めて近所のドラッグストアに行きました。

 

すると入口そばに長蛇の列!

 

なに??入店制限??

と思いきや、店内はスカスカ。普通に入ることが出来ます。

アレジオンと、子どもたちのお絵かき帳、ちょうど足りなくなったリップクリームとのど飴をカゴに入れてレジに向かうと、レジもいつの間にか混雑し始めていました。

 

見るとさっき外で並んでいた人たちがお目当てのものを手にしてお会計をするところでした。

 

みんなが狙っていたのはトイレットペーパーとティッシュペーパー。

 

 

〇時からの販売です!と整理券を配っていたようです。

それに備えて並んでいたというわけ。

 みんなすごいね。よく気が付くな。

 

レジで私の前に並んでいたご夫婦、「ひと家族1つまで」のところ、一人ずつお会計して2つゲットして行かれました。

 

テレビで見るような光景を目の当たりにして、ほほぅーでした。 

 

でもね、デマに踊らされることはないよ。

そこから10分程の場所にある量販店では普通にペーパー類山積みでしたもん。

行列もなし。

寒い中並んでた人に教えてあげたいぐらい。並ぶ必要ないよって。

 

けれどそれは不安の渦中にいる人には届かないんですよね。

 マスクもお米も消毒液も除菌シートも、売り切れな現実。

残念でござる。

雑貨屋さんでドーバー パストリーゼを発見!!定価

ドラッグストアの帰り道、偶然見つけてしまいました。

 

価格が高騰しているアルコール除菌

 

ドーバー パストリーゼを!

 

見つけたのはこのスプレータイプ。 

セレクトショップ的な雑貨屋さんの片隅に、ひっそり並べられていました。

 全然人目につかないし、宣伝すらされていません。

なんの説明もないから、知らない人は素通りだと思います。

 

あるのは商品と値札だけ。

 定価で売られていました。小さいボトル(500ml)が約1000円。

 (ネットでは転売で価格が4~5倍になっていました。)

 

ほほぅー。こんなところにあったとは。

我が家、普段から使っていたのですが、まさかこんなところに売っていると思わなくていつもネットで注文していたのです。

 

あるところにはあるんですねー。

いつも食べ物コーナーにまっしぐらだったから、気が付きませんでした。 

 

店長さんの好みで商品を決めているこのお店、なんかお人柄が出ているようで好きだなぁ。

殺伐とした空気を肌で感じた直後だっただけに、何とも癒されたのでした。

 

*除菌スプレーに関して追記*

何気ない日記でしたがパストリーゼをお探しの方に沢山ご覧いただいたようです。 

少しでも手立てになればと追記します。

 

その後、この雑貨屋さんではパストリーゼは売り切れてしまいましたが、代わりにプロ用の食品を取り扱う問屋さんで在庫を見つけました!

と言っても、店頭に並べられていたわけではなく、店員さんにダメもとで聞いてみたら「1本だけなら」と倉庫から出していただけました。

こちらは500mlで800円弱。

 

問屋さんだから安いのかな?

お近くに大容量の業務用食品を扱う問屋さんがあれば、電話して聞いてみるのもアリかと。

 

*5月22日追記* 

この問屋さんに先日立ち寄ったところ、店頭に1本だけ在庫がありました。

次回入荷未定、おひとり様1本限りと書かれていたので、安定した流通にはまだ時間がかかるかもしれませんが、タイミングによってはというところですね。

少し前進したようで嬉しく思います。

 

 

とはいえ、できれば外出せずに手に入れたいところです。

パストリーゼではないですが、このようなものを見つけました。

 

こちらは濃度70%。

 

予約注文できるそうです。 

 

  

ハンドジェルもありました。

 ハンドジェル、家族で使うと結構消費が早いんですよね。

 

 

アルコール濃度75%

 

 

次亜塩素酸水

アルコール消毒では効かないようなノロウィルス等も対象となるのが次亜塩素酸水。

( ハイターなんかも次亜塩素酸ですが、ナトリウムの方なのでまた別。消毒に使った時には仕上げに水拭きが必要。)

 

仕上げにもう一回拭かなくていい次亜塩素酸水は便利ですね。

濃度も調節できます。

 

 

こちらは液体ではなくて、次亜塩素酸水のもと。 

 水に溶かすのが手間と感じる方もいるかと思いますが、コンパクトなことと、液体の物よりも消費期限が長いのが利点。

 

最近我が家が使っているのはパウダータイプです。

一度表示に従って原液を作ってしまえば、あとは用途に合わせて薄めるだけ。

沢山作れるし、必要なタイミングで作れるので無駄が少ないかと。

 

 

適正価格で必要な人の手に渡ることを願います。

そして早く新型コロナウィルスが収まりますように。